癒されるモノ・トコロ・ヒト

逗子に暮らす作家がおすすめするアラフィフ生活

フィレンツェの旅 ヴェッキオ宮殿とヴェッキオ橋

大トトロの歩幅は私の1.5倍、歩くスピードは2倍なので、どうしてもこちらは小走りになり終いには疲れ果てる。旅行中、万歩計を見ると毎日10km近く歩いている。猫バスが欲しいくらいだ。日本では移動手段がほぼ車なので、たかだか数百歩、ジムのウォーキング…

フィレンツェの旅 グランドホテルバリオーニ

パリからアメリゴ・ヴェスプッチ空港に降り立つ。着陸間際、上空からの景色は統一感ある色合いの、愛してやまないフィレンツェそのものであった。 日本人が私達二人だけだったからか、税関で、ゴロつきのような風貌の職員に呼び止められ、 「いま日本円を幾…

突然有名人に会ったら…続成功編

ヴェニスから飛び立ち、パリ、シャルルドゴール空港での出来事である。 空港ラウンジに入ると、いろいろな匂いが漂い、様々な国籍の人であふれている。まるで先週まで乗っていたパリの地下鉄と同じだ。目の前に日本人らしき人。隣の席が空いているではないか…

オテル・リッツ・パリの朝食(3) パリの贅沢な時間に癒されたいあなたに Part5

翌朝、憧れのリッツでの初めての朝食。 会員になったは良いけれど、こんな贅沢はこれが最初で最後かもしれない。いやまた夢を持とう!思いなおして、 7時に大広間に入ると、他に客は誰も居なかった。 ミシュランの星も獲得したホテル内のレストラン "エスパ…

オテル・リッツ・パリとオペラ座(2)パリの贅沢な時間に癒されたい素敵なあなたに Part4

憧れのリッツにcheckinし、ホテルマンのエスコートで長い廊下を歩き、エレベーターに乗り込む。 部屋は5階。白い壁のクラシックな廊下が続く。白い扉が開かれ、部屋の中に入ると、そこにもまた白が基調の憧れの世界が広がっていた。 既にスーツケースが2つ…

オテル・リッツ・パリ(1)パリの贅沢な時間に癒されたい素敵なあなたに Part3

リッツと言えば、我が家では泣く子も黙る夢のホテルの名称だ。 (因みにリッツ・カールトンとは異る) 小さい頃から母に、映画「昼下がりの情事」(Love in the Afternoon)を観させられ、オードリー・ヘップバーンもさることながら、共演のゲーリー・クーパ…

インターコンチネンタル パリ ルグラン パリの贅沢な時間に癒されたい素敵なあなたに Part1

久しぶりにフランスへの旅 30代の頃は毎年パリやニースに行っていたのに、いつの間にか遠い国になっていた。 どうしてか、若い頃の方が今よりリッチだったからだ。家のローンやら円安やらなにやかにやで、せいぜい物価のまだ安いサイゴンには行けても、パリ…

ヴァンヴVanvesパリ三大蚤の市 日用品ぞろいのイチオシ

パリの三大蚤の市。 一番のお気に入りは ヴァンヴ蚤の市。 市の大きさもちょうど良く、お値段も手頃な可愛い品々が所狭しと並んでいるのです。 クリニャンクールのような大型家具などはありません。 これはホタテのマリネなど前菜をいただくプレート。 宿泊…

オルセー美術館 印象派の絵画にしばし癒されませんか?

Bonjour 花の都パリ、の季節を散策したかったものの都合がつかず、絵画の都パリを堪能しています。 前回のブログにゴッホの映画「永遠の門」について書きましたが、パリに飛んで、一昨日オルセー美術館でゴッホの自画像に会ってきました。映画の主人公は自画…

サイゴンで見た女の友情…w 親友とは?

日本で言えば銀座四丁目の、サイゴンの目抜き通り。 そこから一筋入ったところに、可愛い雑貨屋さんがあるのです。日本人の客が多く、店長も店員も日本語が話せるので、ヴェトナム旅行に疲れた御一行が、なんとなく安心してホッと出来る小さなお店なのです。…

ヴェトナム・ホーチミンの最近のタクシー事情  騙されないで!!

ヴェトナムはサイゴン(ホーチミン)に来ております。 スイカジュースは逸品です 雨季なので、夕方に雷を伴う叩きつけるようなスコールが降りますが、日本よりずっと涼しいです。 日中は27℃くらいかしら。湿度も低いし気持ちが良いです。 来年からは軽井沢よ…