癒されるモノ・トコロ・ヒト

逗子に暮らす作家がおすすめするアラフィフ生活

女子力アップ

実家を大掃除 後編

実家に到着すると、いつもの賑やかな家族の声がない。 庭に出るとトマトがなっている。トマトだけが、いらっしゃいと語りかけてくれる。大掃除のご褒美かのように毎日ひとつ収穫しては、ひと口で食べる。甘い。 大掃除を始めて気づいたことは、この家には世…

実家を大掃除 前編

コロナ禍が一向に収束しないので、今年は思うように外出も出来ず、客も呼べない酷暑の夏だ。 そんな中、近所に住む私の両親が、訳あって50日間も家を留守にすることになった。 そうだ!この夏は親の居ぬ間に、実家の大掃除に集中しよう!そう心に決めた。 親…

メダカ全滅の巻

庭に水蓮鉢が二つある。 直径50cmくらいの大きな陶磁器とその陰に茶色の陶器の水蓮鉢。 昔は手前の水蓮鉢はリビングにあり、丸いガラス板を置いて、ちょっとしたテーブルに使っていた。 それが今では文字通り、水蓮の入った鉢となって庭の中程に置いてある。…

わたしのお菓子づくり時間

お題「#おうち時間」 (これは電子レンジで簡単焼きリンゴ) 料理と言えば、中華鍋で大雑把で美味なお菜を作るのを得意としていますが、一方、細かに計量して、スイーツ作りに励んだ時期もあるのです。本来は性に合いませんが。。。笑 近所に住んでいた小学…

不要不急の外出避けても家で怪我して応急処置

早朝7時、ベッドサイドのスマホが振動した。電話だ。 誰? 大トトロからだった。 ん?なになに? 電話に出ると 「今、庭にいるんだけど、指切っちゃったから早く来て〜!」 「血は流れているの?」 「流れてるよ〜」 驚いて毛布を蹴散らし、ティッシュの箱を…

癒しのzoom飲み会体験記

zoom飲み会なんてあるんだね〜、 若い人はいいなぁ〜! なんて呑気にテレビを観ながら着替えていたら、小学校時代の同級生男子から電話がきた。 しかもこちらが湯あがりで、どうでも良い格好をしているところに、いきなりビデオ電話だから驚きまくる。 「な…

(イタリア紀行⑥)ヴェネチア ホテル ダニエリ

親愛なる我が心の故郷イタリア あまりの悲惨さにブログを書く力が衰えております。 新型コロナウイルスにて多くの犠牲者が出たことに心が泣いています。 謹んで哀悼の意を表します。 日本も後を追うように深刻さが増してきました。 イタリアがまだ平和だった…

(イタリア紀行⑤)ヴェネチアのムラーノ島とフェニーチェ劇場

親愛なる我が心の故郷イタリア 新型コロナウイルスにて多くの犠牲者が出ていることに見るたび心が痛みます。 謹んで哀悼の意を表します。 イタリアが平和だった昨年12月、麗しきイタリアヴェネチアの日々を忘れないうちに、綴りたいと思いました。 ヴェネチ…

(イタリア紀行④)ヴェネチアの両替屋とフェニーチェ劇場

親愛なる我が心の故郷イタリア 新型コロナウイルスにて多くの犠牲者が出ていることに心が痛みます。 謹んで哀悼の意を表します。 イタリアが平和だった昨年12月、麗しきイタリアの日々を忘れないうちに、綴りたいと思いました。 12月初旬、ヴェネチアの青い…

老害とはなんぞや

「老害」という単語で検索すると幾らでも「老害の特徴」なる文字が並んでいる。 殆どが、いま問題の高齢者運転に言及している。一方、体力や反射神経の衰え、頑固さなどだけで老害という言葉を使うのは可哀想な気もする。なぜなら、それだけの理由なら私を含…

(イタリア紀行③)フィレンツェからヴェネツィアへ列車移動の旅

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅のチケット窓口に向かう。 ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅までの切符を購入。 一人57€。約6800円。 電光掲示板を見上げるも、乗る予定の10時15分発のヴェネツィア行き列車がなかなか表示されない。 もう10時過…

(イタリア紀行②)フィレンツェの旅 ヴェッキオ宮殿とヴェッキオ橋

大トトロの歩幅は私の1.5倍、歩くスピードは2倍なので、どうしてもこちらは小走りになり終いには疲れ果てる。旅行中、万歩計を見ると毎日10km近く歩いている。猫バスが欲しいくらいだ。日本では移動手段がほぼ車なので、たかだか数百歩、ジムのウォーキング…

(イタリア紀行①)フィレンツェ グランドホテルバリオーニ

パリからアメリゴ・ヴェスプッチ空港に降り立つ。着陸間際、上空からの景色は統一感ある色合いの、愛してやまないフィレンツェそのものであった。 日本人が私達二人だけだったからか、税関で、ゴロつきのような風貌の職員に呼び止められ、 「いま日本円を幾…

(パリ紀行⑧)突然有名人に会ったら…続成功編

ヴェニスから飛び立ち、パリ、シャルルドゴール空港での出来事である。 空港ラウンジに入ると、いろいろな匂いが漂い、様々な国籍の人であふれている。まるで先週まで乗っていたパリの地下鉄と同じだ。目の前に日本人らしき人。隣の席が空いているではないか…

(パリ紀行⑦)RITZ PARIS オテル・リッツ・パリの優雅な朝食

翌朝、憧れのリッツでの初めての朝食。 会員になったは良いけれど、こんな贅沢はこれが最初で最後かもしれない。いやまた夢を持とう!思いなおして、 7時に大広間に入ると、他に客は誰も居なかった。 ミシュランの星も獲得したホテル内のレストラン "エスパ…

(パリ紀行⑥)オテル・リッツ・パリの贅沢な時間に癒されたい貴女に

憧れのリッツにcheckinし、ホテルマンのエスコートで長い廊下を歩き、エレベーターに乗り込む。 部屋は5階。白い壁のクラシックな廊下が続く。白い扉が開かれ、部屋の中に入ると、そこにもまた白が基調の憧れの世界が広がっていた。 既にスーツケースが2つ…

(パリ紀行⑤)オテル・リッツ・パリで贅沢なひと時を

リッツと言えば、我が家では泣く子も黙る夢のホテルの名称だ。 (因みにリッツ・カールトンとは異る) 小さい頃から母に、映画「昼下がりの情事」(Love in the Afternoon)を観させられ、オードリー・ヘップバーンもさることながら、共演のゲーリー・クーパ…

(パリ紀行④)Cafe・de・la・Paix(カフェドラペ)で優雅なひと時を

眠い…。もう少しゆっくり寝かせて…大トトロの物音に耳をふさぐかのように毛布を頭までかぶり直した瞬間、あ、ここはパリなんだ!と気づいた。 「早くしないと写真がとれないよ」 「なんの写真?」 「朝食の写真撮りたいって言ってなかった?人がいないうちの…

(パリ紀行③)ルグラン パリの贅沢な時間に癒されたい素敵なあなたに

久しぶりにフランスへの旅 30代の頃は毎年パリやニースに行っていたのに、いつの間にか遠い国になっていた。 どうしてか、若い頃の方が今よりリッチだったからだ。家のローンやら円安やらなにやかにやで、せいぜい物価のまだ安いサイゴンには行けても、パリ…

(パリ紀行②)ヴァンヴVanvesパリ三大蚤の市 日用品ぞろいのイチオシ

パリの三大蚤の市。 一番のお気に入りは ヴァンヴ蚤の市。 市の大きさもちょうど良く、お値段も手頃な可愛い品々が所狭しと並んでいるのです。 クリニャンクールのような大型家具などはありません。 これはホタテのマリネなど前菜をいただくプレート。 宿泊…

(パリ紀行①)オルセー美術館、印象派の絵画にしばし癒されませんか?

Bonjour 花の都パリ、の季節を散策したかったものの都合がつかず、絵画の都パリを堪能しています。 前回のブログにゴッホの映画「永遠の門」について書きましたが、パリに飛んで、一昨日オルセー美術館でゴッホの自画像に会ってきました。映画の主人公は自画…

生涯中数枚しか売れなかった画家フィンセント・ファン・ゴッホとは?

映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」 を観てゴッホについて考える深夜 ゴッホのことをまだ良く知らなかった若かりし頃は、彼独特の黒い線や、歪み、にらむような人物の表情、怖いほどにそびえるイトスギの姿を見ていると、エネルギーが吸い取られていくのを感…

皮膚浸透液で疲れた肌を癒しませんか?

医療グレードの有効成分と、皮膚再生医療の特殊技術を駆使して開発された浸透液で、疲れた肌をアップグレードしませんか? 「ヴュンシェ」 聴き慣れない言葉ですよね。 ドイツ語で「希望」の意味です。 巷にあふれている、普通のスキンケアローションとはま…

日本橋三越フランス展、可愛い&美味しい大人の遊園地みたいに楽しい!!

Bonjour 明日から大荒れの最大級の台風到来。 我が家など、今回はドンピシャリの通り道コースで、庭の薔薇もどうなることやらなのですが、そんな事を心配していても、なるようにしかならないので、母と気分転換に日本橋三越までドライブです。 待ちにまった…

サイゴンで見た女の友情…w 親友とは?

日本で言えば銀座四丁目の、サイゴンの目抜き通り。 そこから一筋入ったところに、可愛い雑貨屋さんがあるのです。日本人の客が多く、店長も店員も日本語が話せるので、ヴェトナム旅行に疲れた御一行が、なんとなく安心してホッと出来る小さなお店なのです。…

ヴェトナム・ホーチミンの最近のタクシー事情  騙されないで!!

ヴェトナムはサイゴン(ホーチミン)に来ております。 スイカジュースは逸品です 雨季なので、夕方に雷を伴う叩きつけるようなスコールが降りますが、日本よりずっと涼しいです。 日中は27℃くらいかしら。湿度も低いし気持ちが良いです。 来年からは軽井沢よ…

金沢の心ときめくお菓子7選・お寿司1選

加賀百万石と言われた加賀藩は、徳川から目をつけられ、質素倹約に励むよう注意され、それまで技を向上させていた九谷焼まで、衰退する時期があったようですね。県立美術館で国宝 前田家の古九谷のキジの香炉を鑑賞しましたが、前田家はお客をもてなす際に、…

金沢市に旅に出ました!羽田から40分!

私たち夫婦は、ふと思い立って旅に出ます。それが時として、私の女子力をほんの少しアップしてくれるのです。 朝7時45分羽田発、小松空港行きの飛行機に乗り込み、たかだか40分の飛行で、石川県に来てしまいました。座席が非常口横だったので、大トトロも脚…

眉間のシワとサヨナラしたい方に!大人気のミケンディープパッチを貼ってみました

学生時代に、ボーイフレンドが、「ミケンにシワの出来る女は不幸そうに見えるから嫌だ!」と言っているのを横で聞いていて、厳しい人だなぁ、と思っていましたが、これでミケンの悩みとは、おさらばです。 【刺す化粧品シリーズ】眉間専用ケア商品『ミケンデ…

軽井沢物語 有名人のパパとも知らずに…

八月半ばに、避暑に行ったつもりの軽井沢が意外に暑くて、泊まったホテルもエアコン無しではいられなかった一週間。 柔らかなはずの陽射しもギラギラしていて、木々の緑もどこかしら濃い色の避暑地。 滞在目的はゴルフ。フェアウェイに涼しい高原のような微…